《私は真っ白!潔白です》
私は何1つ知らないで、ピュアな心で!
ただお芝居を観に行っただけです。
49歳から、時間を掛けて徐々に、悪事が明るみになり、
長年の私への嫌がらせ《尾行調査、悪口、陰口》を
暴露しました。それから、
私は精神病院に入院した事はないです!
薬も飲んでませんから
頭はしっかりしています!
入院していたのはあなたの元夫の方では?
(笑)本当!何て失礼な女〜
私は10年間、騙されていただけです!
電話すら掛けて来れない、ウブで
誠実そうな振りをした《クズ男が!》
私を騙し!、遠方まで観に来させた!
それだけよ!!ファンサービス目的でね!!
私は最初から何も知らないし、何も聞いてません!
こちらからは、一切!電話を掛けたり
誘ってもおりません!

本当!失礼極まりない奴らだわ!
冗談じゃない!

犯罪者集団、、家族揃って犯罪者、、
でしょ!違いますか?

ーーー
昔、あなたの祖母(80代)であろう御方が、
あなた方に代わり!《わざわざ遠い所まで謝罪に》
来られました。非常に申し訳なさそうに..
80代のご高齢ですが、とても誠実で
しっかりとした方でした。
お顔を観た瞬間、テレパシーで察知し
何も言わずとも解りましたので
直ぐにお帰りをして頂きました。
これまで、大変ご苦労をされて来た方だと、
瞬時に判りましたので、この様な事で、この方に
頭を下げさせる訳には行きませんので。

ーーーそれと、
私はほんの少し話をしただけで
相手が闇の者かどうかを、瞬時に見分けます!
なので
お前の様な、魂の穢れた者が
私に話し掛ける事自体、大変無礼なことですよ。
なのに、近づこうとするなんて!
失礼極まりない事です!

 「ここは息子と私の聖域です」

《お前のする事成す事、全てが物凄く迷惑だ!》
と言ってます!

 
       
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
 
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  
 
       
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
 
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
    
 
       
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
 
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
 
       
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
 
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
 
       
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
 
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  
 
       
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
 
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.

.

  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
   
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
    
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
   
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
     
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
    
   
    
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
                  
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.

(尾行調査を続け)
10年間、一度も会ったことすらない女性に対し
ファンサービスする目的で、行き成り深夜、
《相手の許可なく押し掛ける行為は》
犯罪でしょうね。でもそれは
彼等、闇の者の仕事。光の魂を闇に堕とすのが
彼等の仕事なのだから、一応、成功した!
と言えるのでは?
その事であなたに謝ってほしいとは思ってません。
別の事で怒ってます。
アホだから、理解出来ないでしょうね(笑)
私は風俗に行ったり、
色んな女性と性行為をする男性は
お断りです。
そんな人と『 あの世の果て』なんて
行けませんからね (笑)当然

   
  .
  .
              

《地球主の命令は絶対です!》
私の意に背く者は、助かりません。
地球においては、「基本、己との戦い!」で
善悪の争いではないから!
闇の者を救えるのは、光の者だけ!
反省出来ない者は、抜け出せませんし
皆、焼却処分になります。
私は謝ってくれとは、一言も言ってませんよ、

過去世を思い出し、反省しなさい、と言ってます。

《あなたがしなければならない事は、1つだけ!
神様への懺悔です!!炎地獄の底で独り静かに反省しなさい》

 
  .
  .
  .

残念なことに、闇の者と善人は《思考回路が真逆》の様ですね。
手紙で想いを伝える行為は、
「これは遊びではないから、真面目に真剣に考えた後、早目に返事を下さい!」 と言う意味
ですから
相手は直ぐにでも返事を待っている状態です。

 
《残念ながら、私はデートのお約束のない方に、会いに行くなんて事は、絶対に致しません》なので

《大昔の手紙》は棄てて下さい。迷惑だし
《貴方は結婚したのだから》その後
《別の女性とも結婚した》
これが現実で
私のことは、男らしくサッパリと忘れるべきです。

 .

会えない時間が長すぎると
会うか否かなど
どうでもいい、、という気分になる
別に食事をしたい訳でもなく
話をしたい訳でもない
話すこともないし
二度と会うこともないから。

貴方の中で
「色んな女とやれないなら、生きる意味がない」
と思ったのであれば、そこに私はいません。

            
 .
 
  調査をし、自ら墓穴を掘ったあなたは「幸せでしたか?」私は不幸せでした。。

あなたが調査をしなければ
私は元気にあなたに会いに行く事が出来ました。。
あなたは二人の女性と結婚をし幸せでしたか?
それなら良かったと思います。自ら墓穴を掘った「あなたは今幸せですか?」
。。それなら良かったと思います

しかし、物事にはやっても良い事と悪い事があり

遠方まで何度も何度も来て、と言ったからには、
貴方にはそれなりの代償が生じます。 また、
会うと言う事であれば
それなりの「おもてなし」は必要だと思いますが
あれでは駄目です。
結婚をしたいのであれば、先ず、
女性の居住場所まで出向いて、
きちんと「お申込み」をして、OKが出てから
でなければ、無理です。
好きだったら何をしても構わない、は
低俗過ぎで「ただの犯罪行為でしかない」

《電話も真面に掛けられない、手紙も書けない、
きちんと女性を持て成す事も出来ない、
それでは真面に話が出来ません》ので、
お断り致します。
私は仲人を立て結納をきちんと交わした後、
結婚をしたので、勘違いされても困ります。
初めて電話をし、嘘をつくより、手紙で前もって
現状を伝えるべきでは?それが文通です。
ひらがなすら、読み書き出来ない様では。。
文通、mail、ブログも無理でしょうね

。
 
 「あなたに問う!私が観に行かないで、いつ?

あなたは(私と)きちんと話をしようと思ったのか?」
話をしようとは全く思わなかった?それで
、名前も言わず、突然に女性を襲うような事をすれば
それは犯罪者のする事と同じです。
実に不愉快極まりないし、止めて頂きたい
心底不快です! それと、

 

ファンサービスですか?それは、、
仕事で私を利用した!、ことになりますので
それも止めて頂きたい!
大昔の手紙を引き合いに出すのも止めて頂きたい!
こちらはそんな物は、とっくの昔に忘れています。

どうしても大事な話があるから、会いに来て欲しい!

と言う事ではなく。。
あなたが(観に)来てと頼んだから、
その感想を伝えただけ。舞台上のあなたは素敵だと、
これからも元気で頑張って下さいと、
こちらは褒めてサヨナラしたつもりなので、
そんなことは直ぐに忘れました。その後は、
年内いっぱいしか保たない病気の身体なので
精一杯!観に行きました。
それだけです。

それと

長年、26年間、何度も引越しをして、住所電話番号も
車も買い替え、姓名まで変えましたが、尾行調査を続け、しつこく追い掛け回し、
嫌がらせするのは止めて頂きたい!

あなたが私と話をしようとしないから、、
あなたが勝手に勘違いしただけの事。
私は前もって忠告しましたよ、
来ての意味が解らないから、必ず!
手紙をよこすようにと。

ファンサービス=あなたは遊びの中の1人だ、と証明した事になります。

真剣な相手にファンサービスなんて、絶対にしません。
心から愛する人には《もっと特別に丁重な扱い方》をします。
「あなたが本気で好きなら、その女性は逃げなかった」
あなたが本気でないから、女性は逃げた。
それだけの事です。

 あなたが会ったその女性は、最初からずっと断り続けていたはず。なのに、何故あなたは強行したのですか?

駄目でしょ!
一人の女性が亡くなった以上
この恋愛は成立しません。
。。あなたが何をどう思おうが関係ない!
私がどう思ったか、それが大事だから。
私に会いに行くのではなく、、
《あなたが小倉の女性に会いに行った時が》
私にとって《裏切られた》と感じた瞬間であり
あなたが敵になった、時です!
あなたが自ら会いに行ったのは
私ではなく別の女性ですよ、あなたが裏切ったのですよ

それと、私は隠し事は嫌なので、
お互いに納得するまで話をし、
信頼関係を築いてから、再婚をします。勿論、
あなたの事は全て、次の再婚相手には伝えています。
それと、私はシングルマザーです!
元の夫とは一緒には暮らしてはおりません。
プログラムされた相手ですので
例え離婚しようが、表向きは
冠婚葬祭、入院、農業なども助け合います!
表向きには、良い親戚関係を続けていますが
正式に再婚をした時は、絶縁します。

あなたは、あれこれ人の詮索をし過ぎて
頭が変になった。
尾行調査では、信頼関係は築けませんよ。

 
 .
.余りにも「うざい!」ので仕方なく教えるけど

長い間会わずにいるのは、
間が抜けている=「間抜け!」
素性の分からない奴は、素敵から素を抜いて
ただの「敵!」と言う事で、、つまり
敵の本性は「ただの間抜け」でした。

間抜け。。とは、
10年間も、放ったらかしておいて。。
「俺様が折角、ファンサービスをして、ご飯までおごってやったのに、嬉しそうにしなかった!可愛げが無いから、嫌がらせをしてやった」と言われましても。。
こちらは会った事もない、顔も名前も知らない人なので
それは、犯罪行為です。

 10年間何もない、とは結局、そう言う事です。

それと、、付き合った女性達は
「皆嬉しそうにしてくれた」とあなたは言ってるけど、
慰み物にされて喜ぶ女性なんていませんよ。
本命は他にいるけど、何かの事情で心が病んでしまい
相手にしてくれる人なら、「誰でもよかっただけ」
それか、単に「金の為に仕方なく体を売っただけ」
のこと。もし
あなたのことを真剣に愛していたとしたら、
物凄く傷ついて…
《あなたから去って行く》それが本命です!

 私は初めて付き合った方と結婚しよう、と

最初から決めていましたから、相手もその様な方を選びましたし、
《再婚相手にもそれを強く希望します!》
ただ、プログラムされた方なので、逃げ出すことは出来ませんでしたが。。
私が何故、何度も何度も。。
わざわざ遠方まで足を運んだのか?

それはね、、

「あなたがプロポーズしてくれるのではないか」
と思ったから、です。。しかし
その気配すら感じなかったので
仕方なく、お別れの手紙を書いた。
それだけのことですよ、仕方なくね。。

話は変わるけど、

付き合って来た遊びの女性は傷つかないけれど
本命を物凄く《死ぬほど傷付けたら》間違いなく!
炎地獄行きになりますよ、、

あなたは私の心を傷つけ
《真っ暗闇の地獄の底へと、堕としました》
ですから、1999年9月に
あなたも炎地獄行き、と確定し
あなたの魂は《ロックオン!》されましたので
もう逃げ出すことは出来ません。

 私は過去世を思い出すことで、

仲間から魂を救い出されました。でも
闇の者に、闇の者の魂は救えない。
だから、宇宙人種達による
「家族計画」が2000年前から始まった訳です。
しかし...底まで堕ちた魂を救い出すことは
無理なのですよ。。ご自身も抜け出せなくなるから。
ただ、偽創造主とミカエルなら出来るかも。
今なら、人間に生まれ変わっているし、
過去世の記憶を取り戻せば、
必ず協力してくれるのでは。

 
 私と結婚したければ、一度死んで彼ら宇宙人種と

《血の契約を結ぶこと》です。でなければ無理、
プログラムされた人生だから。

もう一つ言えば。。(神を除き)
私がこの宇宙では「トップの存在!」なので
サタンすら(覚醒した)私には逆らえません。
彼はサイキック、透視能力があるので
誰がトップか!既に知っております。
ルシファーの本当のパートナーは、
サタンなのです。なので、
彼はあなたに引き寄せられて、
再び地球に戻って来ます!泣きながらね。。
彼も独りぼっちで寂しいのですよ、、
彼は、魂を創り変えられることで
自分達、闇の魂が救われる、のを知っていて
善人(光)の魂を闇に堕とし、一緒に連れて行き
完璧な新たな宇宙主が誕生する、のを
心から願っている様です。。
だから、《死者の書》をこの世に残し
そうなる様に仕向けた。
なので、、地球の終焉(=宇宙の終焉)は
彼のお役目で、それが彼の運命、なのです。
あなたのお役目は、全ての闇の者達の魂を
炎地獄へと導く!それが。。
あなたの定められた使命で
《魂の誕生以来、延々と残虐な悪さをして来た》
あなたの任務です。

 あなたが無事に過去世を思い出し救われることを願っています。          これにて終了致します
 
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  
 .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
   
  ☆.
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .

.

  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
   .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .

.

  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .

.

  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
   
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
 
  .
  .
  .
 .
 .
 .
 .
 .
.
.
 .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  .
 .
 .
.
.
  
  .
  .
  .
   お食事でしたら、もっと早い段階(貴方が23歳1月までに)お誘い頂ければ、こちらが近場でレストランの予約をし、フルコースをご用意しました。

昼間の明るい時間帯で、
きちんとお話が出来たと思います。
《食事をおごったくらいで、女性に
Hをしてもらうのが当前のことだ!》と考える
低俗な男では、到底無理です。

 〔頭の悪い男。。〕人妻を奪うには代償が必要だから《不倫ではダメですよ!》住む家を提供し、生活費を渡してからです。離婚が成立するまでね、それが出来ない甲斐のない男では無理。 火遊び目的で人妻に手を出せば、社会的に抹殺されますよ!それが社会のルールだから。どちらに転んでも、人妻を手に入れるには、大金が必要になります。 

〔あなたと私の決定的な違いは〕
あなたは調査をし、初めから《悪意を持ち!》性行為目的で私に近づいた事は確か!!
そこには、誠意の欠片も感じられない。
でも私は(あなたのその調査が原因で)重病になり、
最後の力を振り絞り、一目その姿を見ようと、
観に行っていただけ。
そこには、《善意・無償の愛・誠意が一杯あります》
その違いがあなたには、一生解らないでしょうね、
何故なら、あなたは調査でしか私を見ようとしなかったから。調査しなければ、普通に話をして、
少しは解り合えたはず。
私は、自分の名前すら言わないあなたに
初めから《違和感》をおぼえて、、
お断りし続けていたのは、
「あなたがストーカー!」だからです。

真面な女性は、あなたの様な男を相手にはしません。
誰もね。
相手にしてくれるのは、《金で買った女性》では?
結婚相手に、お似合いだと思いますが、
それでは最初の奥様とお子様が気の毒なので、
元の奥様とお幸せに、と手紙を送り付けました。

〔この歳になり気づいたこと〕
自分の為に♥溢れんばかりの愛情で
♥必死で努力してくれる相手が、
《この宇宙にたった一人》必ずいます!!
♥そんな人を見つけるまで待ちなさい!
地上で出逢わなくても、いづれ
天上界で出逢えるでしょうから♡
私はこの歳でやっと見つけ出しました♥
この(宇宙)世界には
一度もまだ逢えなくても《貴方を守ってくれる》
そんなスーパーマンみたいな方が本当にいます!

だから下らない男に絶対に優しくしてはダメ!!
関わらないのが賢明です。
という事で、
これ以上この男の為なんかに
《大切な自分の時間を取られたくないし》

彼氏とね♡モンハンの映画を観る約束をしてるから〜♪

これで終わりにします。

宇宙でたった一人の大切な♥彼氏が待っているから

 〔捕捉〕人間の脳を操作している《悪魔崇拝》者達は

4種族なので、他の宇宙人種族は、ほぼ肉体を持っていない魂の存在だから。

《あなたは身元不明の犯罪者です!》
最後に、まだ話してない事も色々あるから
言っておくわ。。
旅役者の座長という方に、観に来て、と頼まれて
遠出していた時、浅草で急に具合が悪くなり、
死に掛けました。なので。。
ドクターストップがかかり、もう一人では
外出できなくなり、付き添われて途中まで行った。
東京駅で動けなくなり、近くで私は宿泊。
彼女は劇場まで行き、次の日、
迎えに来てもらいましたが、様子が変でした。

彼女がどうしても
「誰と結婚したいのか確かめたい」と言うので
和歌山まで行きました。しかし
和歌山温泉では、到着後、すぐ倒れた!
余りにも遠くて、私は意識が朦朧として
目も開けられないほど、全く動けませんでした。
静かに休みたいので、彼女とは
別の部屋にしてもらいました。
ホテルの支払いは私名義です。
彼女は翌朝、亡くなられました。
お芝居を観るだけだし、他は何もないので
別に問題はなかった。。はずでした。
これまで10年お芝居を観て来て、
何も問題はなかったので。。

彼女のことは、プライバシーを守る為に
あなたには絶対に教えません!
彼女があなたに話したことは、私のことで

あなたから、何とか早く逃げて帰りたいから
素っ気ない態度や
嘘を言い、帰りました。
お食事代は、その後、劇団が来た時に
私が1万円包んでお返しました。
それと
知り合いに調査員がいて、教えて下さいました。
尾行調査によるストーカー行為で、
私は一睡も出来なくなり、身体を壊して
パートの仕事をやめました。
男性と同じ仕事を7時間半やり、2泥肇薀奪も
乗ってましたが、続けられなくなりました。

 彼女はまだ独身で、私よりも10歳位は若かった。

まだまだ生きていたかった、その気持ちは解るので
「私の体に気が済むまで居てもいいよ」
といい、昼間は彼女の好きにさせてあげました。
私は歌が好きで、彼女は、舞踊が大好き♥
なので、よく踊りながら唄ってました。
私は夜だけ。なのでブログを書いた。
彼女の気持ちを代弁して。

 〔前もって、会う約束がきちんと出来ない、しない男は要注意!!〕

初対面で、行き成り部屋に押し掛けて来る様な男は、
ハッキリ言って《異常です!!》私はこの男から、
一度も!お誘い頂いた憶えはありません!!
会う約束など、一度もしてません!!
会ったこともないし!話した事もないです!!
私はそっと、お芝居を観て、握手をして帰った、
それだけなのに、
非常に不快でした。

私の中では ↓こんな事を平気でする男は皆、
《性犯罪者だ》と思う。
私がそう感じたのだから《そうなのです!》
そうなんです! いかなる場合でもね。
きちんと責任も取れない男が、性行為する自体、
犯罪だと思います!
特に女性は
「こんな奴らに優しくしてはダメです!」
被害者はとても多いですね。。非常に残念です
何故って、、自分の体を犠牲にしてまでするのは
《自傷行為でしかないのだから》
絶対にダメです。

〔こんな男だけはお断り!〕食べて性行為だけしようとする奴!こんなクソつまらない男は、

「キッーク!!」
お金を貰っても無理だわ

 私の望む理想の相手は、お互いに技術・才能を認め合い、更に高みを目指して、共に前へ進む事ができる人!

お互いがいい刺激となり、更に自分の才能を開花できる
優れた相手となら、一緒に生きて行けると思います。

あなたは、過去世から犯罪行為を繰り返しているから、
行き成り今世で、社会のルールを理解しろ、
と言われても無理だとは思うけど。
人妻、人夫に手を出すのは、犯罪行為だから!
「好きだったから..」は、理由になりません。
私が何故会いに行かなかったのか、それは
会いたくても会いに行けない、《社会のルール!》
あなたとはお付き合いしてないのですから!
付き合う為には、
《両者の合意・ハッキリした約束がなければ無理!》

相手の承諾がなければ、全て犯罪です!!
それが社会のルール!
あなたは前々世で、人妻を犯した挙句、バラバラに惨殺して死刑になり、《社会的に処罰されました!!》
だから、今世でも同じく社会的に
《クビ!となり処分された》のでは。

 。

 私の望む理想の相手は、お互いに技術・才能を認め合い、更に高みを目指して、共に前へ進む事ができる人!

お互いがいい刺激となり、更に自分の才能を開花できる
優れた相手となら、一緒に生きて行けると思います。

27歳
私は丁度この頃、「劇団の座長さんと話ができないかなぁ。。」と思ってた矢先の出来事でした。
お目当ての(とても優秀で才能のある!)女座長さんを諦めたばかりで。。
偶然、その後に来た劇団の座長が、
こんな事を言うから↓

《誰が悪いって。。それは》
あなたが「誰でもいいから誰かチョコレートを下さい!誰からもバレンタインデーに貰えなかったから。。」と
舞台上で大声で叫ぶから、こんな事になるのよ、、
自分と同年代なのに、誰からも貰えないなんて、
彼女さえいない、と言う事だろうし、、
直ぐにでも話をしてくれるのでは、と期待しますよ!
誰だってね。
連絡さえしてくれたら、
こちらの事情を全て伝えましたよ。
恋愛感情で書いた訳ではないのだから。
あなたが直ぐに連絡さえしてきたら、
誤解や執着、妄想をしなかったはず!!
後になり被害妄想されても、こちらも迷惑ですよ!

  私はずっと同年代の方だと思ってました。

逆算すると
あなたが16の時一度、17の時に二度、お芝居を観て、手紙を書いただけです。
恋愛感情で書いた訳ではないです。
当時は遠方の人への手紙は、《文通が常識》なので
その時に、返事をしないのは、物語は終了ですから。
手紙=文通! 残念ながら
あなたとは最初から、意思の疎通が出来なくて、
全く噛み合ってないし、
所詮、文通は文通ですから。
現実に付き合いましょう、という事ではありません。
そもそも、お付き合いしましょう、とか深い意味で手紙を書いた訳ではないから!
何も考えず、ちょっとお話ししてみようかな、
その程度ですよ。遠距離の相手に出す場合はね。
あなたは何か、深く考え過ぎ!と言うか、
変に執着し過ぎて、被害妄想に陥ってますよ、
現実の世界では、あなたとは何にもないでしよ!
それ、ただの手紙だし。。

  訂正!お別れできて良かったです⇒ご縁が切れて良かったです!

( ´;ω;` )私はあなたにチョコをあげ、元気の出る手紙で喜ばせ、遠方まで観に行ってあげていた。
それだけなのに。。
亡くなられた方から全て聴きました。。
私には特殊能力はないので。
お化け屋敷にするつもりか!
あの阿婆擦れ!もし入って来たら追い出してやる!とか。。いわれのない誹謗中傷の数々は、
100を越えていました。。
観に行っただけでそこまで言われるとは。。
私は具合が悪くなり途中までしか行けませんでしたが

今はご縁が切れて本当に良かった、と思います。

 
 《何故?9.10年経て、来てと言ったのか》明らかにおかしい、変ですよね、つまりそれこそが答え!!本当のあなたの姿・本性・本音です

その女性は、あなたの飲み友達、遊び友達ですか?
違いますよね、、初対面ですので、真面目なお話をして頂けるのかと思い、渋々食事を承諾した訳だから、
女性が「私はお酒は飲みません」とはっきり言ったのであれば、男性も当前ですが、飲んではダメですよ。
自分は酒を呑み、酔っ払い無理矢理、女性に酒を飲ませようとするなんて!
男性としては、失格。紳士ではない。
風俗の話をするなんて。。失格です!
あなたには女性と付き合う資格はないです。
座長とは、名ばかりで、、
何もかも、、褒めるところがない。
何故、居場所も分からない、知らないはずの、
女性の宿泊先まで知っているのですか?
その女性が私だと言える、その根拠は?
証明できますか?
出来ないでしょうね。初めて見る顔なんて、
暗くて判断できないでしょうし。。

《亡くなられた方は》生まれて一度も!外泊、夜遊びなど一切したこともない、真面目で純粋な女性なので男性の裸体すら見たことないと思います。

だから、自殺されました!!
あなたの様な、薄汚れた奴と一緒にしないで!!
私は、あなたが死のうが、地獄行きになろうが、どうでもいいけど、過去世を思い出して、心底謝って欲しい!
それと!私が金目あてで、あなたに近づいたとか、
大嘘を言わないで!私は毎月10万は貯金していましたよ、何故そこまでして、悪口をあんたなんかにいわれなきゃならない訳かな!
本当にゾッとする程、嫌な性格だわ

 二度と会いたくないです!!
  3.11  善人たちは皆、あの日の惨状に心を痛め、災害対策を再び考えている中で、、お前達は

俺には関係ないから、人の悪口陰口をたたくことしか頭にない様ですね。。 残念ながら
インドの高僧でさえ、私達親子に膝まづき、ひれ伏し、こうべを垂れるのに.. この宇宙、地球も全て神様の物です。
私はこれ迄、魂が誕生してから56億年、
あなたが地獄へ堕ちないよう、手を差し延べて来ましたがその手を払い除け..
悪魔崇拝、悪魔信仰し、大罪を犯して来ました。
少しは過去世を思い出して、反省して下さい。
悪魔崇拝の宇宙人種達は、これ迄、全ての惑星を奪い!
善人を皆殺しにして、破壊して来ました!
退行催眠で、それを思い出して、反省しなさい。
2000年前あなたは、私の息子に
「聖書について、どうしても貴方と語り合いたいから、来てほしい」と何度も何度もしつこく、強要をし
ロバに乗りやって来た息子を行き成り捕まえ、
地下に監禁し、
夜明けと共に、皆で惨たらしい処刑をした..
9時間20分! それをお前は満足しながら眺めた後、
何事もなかった様に、手を洗い、内心喜んでいた!
これでいつものように、自分の手を汚さずに始末出来たと、爽やかな気分で快感に浸っていた。
全てを思い出し懺悔しなさい!!
退行催眠は簡単だし、直ぐにでも出来るから。
悪魔に加担した方々もです。
催眠術師に頼み、「あなたは
ダムの底へゆっくり沈んで行く、
深く深く沈んで行きます」
これを5日、してもらうだけでいい。
後は自動的に、パズルのピースの様に、
部分的に思い出し、
12年もあれば、殆ど思い出すから
忘れないように、メモしておきなさい。
パズルのピースが完成するから。
悪に加担し、悪魔信仰をしてきた方々もです。
《魂の行く末は2つです!上がるか堕ちるか!》
自らの自由です。

 
 ここ日本は、古代ローマと同じなのです、

神様を殺した当時の方々が皆、ここ日本に集結しています。少なくても75%はいると思います。
反省なくして、上がる事なとできませんから!!
それと
あなた方が、調査なんて信じるか否かは、それは自由です。ですが、悪魔信仰の者は、善人を悪く書き、
善人は良く書くと思いますよ。別れさせようと思えば、どのようにでもね。
有難いことに、離れさせる方向で動いてくれましたが、
それでも、しつこく、追い掛け回すとは。。しかも
2度も!結婚したにもかかわらず!
何でそんなにしつこく追い掛け回すのか、、

善意で遠方に観に行くのは、2.3回までですよ、、その間に、「来てほしい」意味を相手に伝えないとね。

会いに行っても意味がないし。。そう言うのは迷惑だし
私は計100回も観に行きましたが、一度もお話なんてしてもらった憶えはないです。

 
.
〔いい夢を見させて頂きました〕 

10年間それは幻のように。。とても素敵な夢でした☆
私はとてもあなたが好きでしたよ。確かにね
♡本当に 真面目に純粋にね。。
貴方が役者でなければだけど。
お客に夢を与えたのは事実だし。
そう言う意味では、演構成点100点
遭遇する前まではね。もし
遭遇を避けられたら、今もずっと好きだった、
と思いますが。。それがとても残念です
10年間、本当に幻のようなとても素敵な
夢でした。。

17歳、あのそのあのその..電話は、とてもピュアで100点!♡
23歳、慌てて電話を切る、は60点
25歳、泣きながら舞台で頑張る姿、は♡100点。

26歳、俺は結婚もしてないし子供もいない、は45点。。

ピュアな貴方が泣きながら頑張っている姿を観て
遠くても観に行ってあげたい、
そんな気持ちになりました。

貴方は役者だから。。
旅役者でなければ よかったのにね、残念です

でもそれは、随分昔の事だから。
今はもうそんな気持ちも完全に消え去ってしまい
今は、お別れ出来たことが
よかった、と心から思います。
それとね、、
相手を本気で好きなら、
仕事の延長線ではダメですよ。
相手の為に休日をとり、《丸一日かけて》
真面目に会うこと。
公私混同ではなく、きちんと交際を申し込んでから
お付き合いされた方がいいですよ、
明るい場所で相手の目をちゃんと見て、
きちんと自分の想いを、相手に伝えて、
きちんと《相手の話を聴いてから》ですよ。
話もせず、行き成り自分勝手に動いてはいけませんよ、
私はそう言うのが、一番嫌いだし苦手です。

 手紙を貰った、たったそれだけの事で

《調査をしたり、つけまわす行為は異常だし!》
そんなことをされたら、誰でも嫌になりますよね、、
最後には「最低、変態!呆れた」と言われます。
これが正論ですから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本当に残念な人達。。《悪魔は基本嘘つき!》だと昔から決まってます。 嘘をを真のように拡散し、相手を陥れ、《大勢で嬲り殺しにする!》のが、奴の手口だから。悪魔の言うことなど、全部嘘に決まってますから。

悪魔の言う事を信じるなんて、実に残念な人達です。
それを悪魔崇拝、悪魔信仰と呼びます。

 躰で客寄せするなんて、まるで安い遊女、お客をただ待っているだけの。。安い遊女と同じでしょ!

芸人は、もっと芸でも磨いて、一流を目指しなさいよ。
くだらない、実に下らない安い男だわ。
がっかりどころか、人間としてクズだと思う。
あなたの様な奴こそ、生きる価値のない人間だと、私は思うけど。
芸を観れば判るのよ、これ迄必死に努力してきたかどうかが。真面目な人なら、半端ないほどに上達してるわ!
一般人の私ですら、要返しくらい両手で出来るのに、、
独学でもね!(ビデオを0.3秒何度もslow再生し)
独学でもできることだから。
本当にがっかりした。
まさかこの私が、10年を経て《客引きのターゲット!》にされるとは。。
思ってもみなかったわ!裏切られた気分!!
これが現実か、、

 
 《これが神様のお言葉です》行き成り口にキスをしただけで「犯罪だ!」おでこならよい。

つまりあなたは、ただの犯罪者にすぎない、て事。

 10年!あなたと私が付き合っていたとしたら、さぞかし二人の間には膨大な会話があり、物凄く解かり合えていたはず、ですよね!

しかし、一度も会話がない!のに
よく相手の事が判りますよね、、不思議ーー
私は知りませんよ、あなたの事なんて!!
一度も会ったことなんてないし!
アホな男

《夜遊び女遊びをしてる》奴が、真面目な女性に手篭めにした時点で、犯罪でしょうね!
  喩えて言うと《あなたはハイエナと同じ!》こそこそと臭いをかぎ回り、用心深く!しつこく後から後から集団でやって来る、ハイエナの様な存在!

言い様のない恐怖と、得体のしれない不安と、
あまりにもしつこく。。性質が陰湿過ぎて
吐き気がするほど。。気持ち悪い
そんな感じ
解らないかな、、、10年のズレ
10年経て、想いを寄せられても
気持ち悪いだけです。。

《ストーカー=サイコパスだから》本当に
「誰でもいいから、誰かこの男を精神病院に入れ
一生隔離して下さい!」そこで死んで欲しい。
夜も眠れないほど嫌な思いをしてるので

〔悪魔ルシファーと私〕
これは小説です。
悪魔ルシファーが、これ以上悪さをしないよう、
その力を封じる為に、私は選ばれた。しかし、ミカエルが封印をとき、《悪魔ルシファーを地上に放った!》
そのせいで、宇宙にいた全ての闇の者達が、この男に引き寄せられ地球に入り込んでしまい
地球は《悪の巣窟となりました!》
更にミカエルは、ルシファーが地獄に堕ちぬよう、
宇宙人種達を騙し、人間家族計画を持ち掛け、魂レベルをあげさせる目的に利用した!
ミカエルは悪魔に魂を売った反逆者で、悪魔崇拝者だ。
つまり、宇宙人種達は
《騙されて悪に加担した、悪魔崇拝者!》だと言う事。
この宇宙は、地球も全て、宇宙主である神が創った物
で、彼らは神に対し、とんでもなく酷い仕打ちをした反逆者です!!
私は利用された。この男、悪魔ルシファーの為に、
散々酷い仕打ちを受けて来た!!
今回の出遭いも、
《全てがプログラムされた事だ!と言う事》
全て計画通り!だと言う事だ。
私を26年間、一睡も眠れなくさせ、過去せの記憶を取り戻し、利用する為だ。その為に
この男に尾行調査、ストーカーをさせ、過去の残虐な犯罪者たちを炙り出した。と言う訳だ!
よって、
神に対して、犯罪行為を行った4人と(宇宙人種達を)
極刑にする。
その他の方々は、(家族で天国に行きたいのであれば)この者に今後関わらないことだ。
魂レベルをあげて行かないと。。
一緒に引きづられて堕ちるだけです。
私もこれ以上関わりたくないので失礼する。

 アダム・ルシファーは、《悪魔サタン信仰》です。

角の生えた山羊の様な容姿の、サタンに永い間仕えて来ましたので、間違いなく!この者は「悪魔崇拝者!」
サタンの強力なサイキック、ガンマ線バーストで、
これまで数多くの天体が爆破!されましたが、
これで最後です。悪魔信仰をする者は
サタンと共に堕ちて行く。これが運命

 ここは2チャンネルだからね。気になるなら、勝手に削除してもいいのよ、

最初からあなたの勘違いです。
手紙を貰ったくらいで、
付き合ってもらえるとか、頭の中で色んな妄想をして、
会ってさえいないのに、先走って、探りを入れたり
恋愛や結婚を考えてた様ですが、、

こちらは、話をしたくて、コンタクトを取っただけで、付き合おうなどと、思ってもいません。
文通で手紙を書いただけだから、
手紙の返事を待っていた、それだけの事で
本当、あなたには疲れたわ。
あなたが、電話をして来ないから、
仕方なく
(じゃあ手紙なら書いて貰えるかな)と思って
住所を教えたのに。。
一度も返事をよこさす、
9.10年後に、遠方に来てと言われましても。。
それは迷惑です。
もしかしたら、話をしてもらえるかもしれない、
と思い
遠方まで行きましたが。。
後からこんな仕打ちを受けるとはね。。
一度も話したことのない相手と、
会おうとは思わない!!
まさか、一度も会ったこともない相手に
そこまでされるとは思ってもみなかったわ!
本当、芸人なんて信用出来ませんね。。
つくづくそう思うわ

 昔は、現在とは遥かに違っていて、

私の住む(田舎の奥地)は、殆ど全てが田んぼ!のような所だったから、そこで育った方々は
素朴で純粋で人を疑わない、いわゆる騙されやすい
お人好しの女性。。が多くいました。
随分昔に、旅役者に《身も心も捧げお金を貢いだ挙句》
(妊娠し)捨てられて。。殺傷事件!!となり、
旅役者には一般人女性には、手を出さないよう通達されたはずです。なので
旅役者の単なる「来て」は、お芝居を観に来て下さい。の意味で、遠方まで会いに来て、は違います。
プライベートで特別な関係、既にお付き合い


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-02 (水) 09:08:12 (147d)